RF50mm F1.8 STM 登場 ~ ベストセラーレンズのRFマウント版が出た!

2021年1月6日

一眼レフの時代から激安高性能で評価の高かった「50mm F1.8」ですが、ついにRFマウント用が登場しました。

(発売になりましたが、品薄のようです)

常用レンズとしてベストマッチ!

50mmのレンズは、人間の視界に近い画角で写真が撮れるため、日常のスナップ写真を撮影するのに適しています。

また、コンパクトなミラーレス一眼カメラに合うコンパクトな筐体ですし、ボディキャップの代わりとして常に付けておくのに便利なレンズです。

created by Rinker
キヤノン
¥31,420 (2021/03/06 13:21:20時点 Amazon調べ-詳細)

性能もアップ!

RF50mm F1.8 STMには手振れ補正機能(IS)がありませんが、EOS R5やR6に装着すれば、ボディ内手振れ補正を使ってCIPA規格7.0段の補正効果が得られます。

またマクロ機能が強化されており、最大撮影倍率0.25倍での撮影が可能です。通常のマクロレンズの倍率が0.5倍~1.0倍なのでそれには及びませんが、花の写真などに活用できそうです。

EOS一眼レフを持っているならこちら

created by Rinker
キヤノン
¥11,700 (2021/03/06 13:21:21時点 Amazon調べ-詳細)

EFマウントのEOS一眼レフを持っている人は、こちらの製品です。

価格が1万円台の超お買い得レンズになっています。kissシリーズをお持ちの方には、撮像素子がAPS-Cなので、80mm相当のレンズになります。そのため、常用というよりはポートレート用レンズとして使うと良いでしょう。

EOS Rシリーズユーザーならぜひ持っておこう!

コンパクトで明るく映りのいい50mm F1.8 STMは、EOS Rシリーズユーザーであれば、ぜひ揃えておきたいレンズです。特に、EOS RPを持っている人には、コンパクトさを実現できる最適のレンズではないでしょうか。