アウトドア日記,釣り

9月も中旬になりました。今日(釣行日)は自宅から15分と近い、T川へ釣りに行きました。

T川は、畑の中を流れる小河川です。しかし先月までの大雨の影響はいまだ終わっておらず、T川も増水状態です。

T川は自宅から近 ...

アウトドア日記,釣り

昨日、今日(釣行日)と快晴になりましたが、8月は雨が多く、主要河川は増水して濁りが取れません。こういう場合は、湧き水が集まってできた小河川に行くしかありません。そこで、ブラウントラウトが釣れることで有名なI川へ行きました。

釣り

毛鉤を巻くときに使うボビンホルダーですが、ボビンの取り換えが面倒に感じる場合があります。できれば、ボビンの数だけボビンホルダーがあれば、取り替えなくても良いのにと考えるでしょう。

しかし、ボビンホルダーは、思うよりも高価で ...

アウトドア日記,釣り

雨続きで増水していた川が、ようやく収まりました。久しぶりに釣りへO川へ行きました。O川の入釣地点は、市街地から数キロしか離れていません。しかも今日は月曜日の12時半(釣行日)。週末に多くの釣り人が入っている上に時間帯も良くないので、あ ...

アウトドア日記,釣り

2022年に入って、ようやく釣りへ行けました。しかし、今年も釣り時間は1時間程度しか確保できません。そこで、「ちょっとテンカラ」の題で釣りを紹介したいと思います。あくまでも、自宅近郊を流れる、中、小規模の川での釣りになりますので、釣果 ...

釣り

これまで簡単な毛鉤の巻き方を紹介してきましたが、糸だけではボリュームを持たせるのが難しいと感じることがあります。そういう時にダビング材(綿状の素材で、私はフェルトなんかを使う)がありますが、羽の細い棒状のもの?であるピーコック・ハール ...

釣り

主力の一つのハックルが残り少なくなったので、新しく購入しました。HANEYA Designさんのお手頃なハックルです。ハーフということで、一羽の半分ということでしょうか。コスパは良さそうです。

開封すると、羽の数が結構あり ...

釣り

毛鉤を作る時に使うハックル(鳥の羽)ですが、通常は鳥の形が残ったケールという形で売られています。

しかし、鳥の形が残るケールでの購入は気が引けます(ヘタレすぎ)。それに価格も結構高いです。そのため、私は小分けにしたハックル ...

釣り

毛鉤にはいろいろな巻き方がありますが、特にフライフィッシング(fly-fishing)用の毛鉤の巻き方を見ると、自分には無理!って人も多いかと思います。しかし、テンカラ(Tenkara)釣り用の毛鉤なら、それほど難しくありません。

釣り

渓流釣りファンにとって北海道の冬は長すぎて、春が待ち遠しいという方もいらっしゃると思います。確かに冬は川や湖が凍って釣りになりませんが、海は流氷に閉ざされない限り開いています。そこで、冬は海釣りをしてはいかがでしょうか。

...