スプリングクリークの釣り

大雨が降ると、しばらくは川の増水と濁りが取れません。そのため、釣行日がいかに晴れていたとしても、諦めざるを得ないことが多いです。しかし、諦めるのは早いです。スプリングクリーク(springcleek)であれば、雨から1日程度過ぎると釣りになるかもしれません。

スプリングクリークは、湧き水が主体の小川を言います。湧き水を集めて流れるので、年中水量が変わりにくいのが特徴です。そして河原がなくて流れは緩やかで、水中に梅花藻が揺れていることが多いです。見た目は小さな流れなので、浅くて釣りにならないと思いがちですが、意外と岸から深い場合が多く、魚も多いです。

スプリングクリークでの釣りは、川岸がブッシュで覆われていることが多く、釣りづらいです。また移動もブッシュで遮られるので、コンパクトなタックルが合っているでしょう。

当サイトではテンカラ釣りを推奨していますが、ブッシュが濃い川であれば、短い竿が良いでしょう。

スプリングクリークとは言っても、ところどころで溜まりがあります。そして上の写真のように、大きな池状になる場合もあり、大型魚が棲んでいます。油断はできません。ここはテンカラよりも、ルアーやフライが良いでしょう。(私はルアーで攻めました)

地元のスプリングクリークです。畑の中を流れる直線化された用水路みたいな川ですが、ブラウントラウトが釣れることで有名です。有名河川の間を流れる畑の中の川も、釣りのターゲットとして見逃せません。

この川は、北海道中央部を流れる有名な川です。原生林の中をゆったりと流れる川で、ヤマメが多いのですが、近年はブラウントラウトが多くなってきました。この川にはブラウントラウトは似合わないです。ゲリラ放流も場所をわきまえて欲しいです。

3.3mの標準的なテンカラ竿が気持ちよく振れる渓流ですね。

この川は、湧き水で有名なエリアを流れる川です。もう最上流に近い場所ですが、湧き水がいきなり大量に湧いて豊かな水量になっています。このような清流での釣りは、たとえ釣れなくても気持ちが良くて楽しいです。

スプリングクリークは、多くの釣り人を受け入れられるほど広くないです。そのため、自分だけのお気に入りな場所を見つけると良いでしょう。知られずにひっそりと魚が棲む川が、必ずあるはずです。

投稿日:2020年6月28日 更新日:

執筆者:

kunimiyasoftオフィシャル
地図アプリの話題を中心としたサイトでラズベリーパイに関しても充実しています。