I川のブラウントラウト釣り ~ ちょっとテンカラ2022年8月

2022年8月23日

iriver1

昨日、今日(釣行日)と快晴になりましたが、8月は雨が多く、主要河川は増水して濁りが取れません。こういう場合は、湧き水が集まってできた小河川に行くしかありません。そこで、ブラウントラウトが釣れることで有名なI川へ行きました。

iriver2

I川は、畑の中を流れる小さな川です。それでも水量はいつもの1.5倍はあるでしょうか。周りの草が倒れているのを見ると、一時はとんでもない水量になったようです。今年はほんとに雨が多いです。

このような川ですが、ブラウントラウトの魚影が濃くて、釣り人が多いです。もう北海道の釣り人であれば、あの川だと分かっているでしょう。今日も月曜日の12時なので、条件は良くありませんが釣ることにします。

iriver3

ちょっと分かりづらいけれど、今回使った毛鉤です。一応、逆さ毛鉤ですが、逆さ毛鉤に適したハックルを持っていないので、うまく作れません。普通の毛鉤はハックルをそう選びませんが、逆さ毛鉤はハックルが条件に合わないと、うまく作れません。この辺は、私が未熟なせいもあるのでしょうが。

そう簡単には釣れないだろうなと思って始めると、冒頭の写真のブラウントラウトが釣れました。25cmほどのブラウントラウトですが、テンカラ竿は大きく曲がって寄せるがたいへんです。やはりブラウントラウトなので、イワナよりはパワーがあります。

iriver4

その後一匹釣れた後、また大きなアタリが。最初の魚よりも大きいです(30cmほど)。これは寄せるのに手が掛かりそうです。しかも引きが予想以上に強く、どうやらスレで掛かっているようです。実際はエラ付近に針が掛かってしまって、それで抵抗が大きかったです。

竿が大きくしなって、折れそうに見えますが折れません。テンカラ竿って細いけど、強度は十分あります。そして、竿先からライン、ハリス、針まで金属のジョイントがないので、この程度なら切れることがありません。テンカラ釣りって、ほんと良くできた釣りだと思います。

なんとか引き寄せて写真を撮ってリリースします。

iriver5

道路の橋からちょっとの場所でこれだけ釣れるI川。ブラウントラウトの魚影の濃さは抜群です。当然、大物もいますが、それはルアーやフライでないと釣れないです。

iriver6

橋の下流に移動してみます。好ポイントは続いており、ブラウントラウトが顔を出してきます。小さいものばかりでしたが、魚影の濃さは相変わらずです。1時間も掛からない釣行でしたが、十分楽しめました。

もう8月が終わります。テンカラ釣りもあと一カ月くらいでしょうか。オショロコマの姿を見たいけれど、遠出が必要です。そのため、比較的近場のエゾイワナ釣り場に行くのが現実かなと考えています。

今回の記事で、ブラウントラウトにも十分テンカラ釣りが有効だとお分かり頂けたと思います。ぜひ、釣りに行ってみてください。

created by Rinker
魚釣三昧
¥4,326 (2022/10/03 09:42:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
土肥富 マルト(MARUTO)
¥720 (2022/10/03 09:42:25時点 Amazon調べ-詳細)