ForeAthlete 45 ~ Garminのベーシックなランニングスマートウォッチ

2020年8月28日

 

出典:Garmin日本 公式

ランニングのデータ収集で欠かせないランニングスマートウォッチですが、Garmin(ガーミン)からも多くの機種が出ています。そして、新しいベーシックな機種として「ForeAthlete 45」が発売されました。

ForeAthlete 45」の機種番号は2桁ですが、従来の200番台の機種とそん色ない性能を持っていて、コストパフォーマンスに優れています。

ForeAthlete 45の機能

出典:photo AC

ForeAthlete 45」は、GPS機能と脈拍計測が付いて、取得したデータをGarminコネクトにアップロードできるという必要な機能が付いています。確かに、気圧計や磁気センサー、加速度センサーなどは付きませんが、高度や方角、加速度などはGPSからも取得できるので必ずしも必要ではないでしょう。

むしろ、低価格で小型軽量が売りだった「ForeAthlete 35」と高機能である3桁番台のForeAthlete機種の両方の良いところを持つ「ForeAthlete 45」は、ランニングウォッチの中では一番おすすめできる製品です。

ちなみにOSはGarmin独自なもので、「Wear OS by Google」は搭載していません。登山用途ではYAMAPアプリなどを使いたいですが、使えないことに注意してください。しかし、「Wear OS by Google」を搭載するスマートウォッチは重くなるので、ランニングだけに使うのであれば不適です。

35から大幅な機能アップになったForeAthlete 45はおすすめ!

created by Rinker
ガーミン(GARMIN)
¥15,850 (2021/10/28 11:39:16時点 Amazon調べ-詳細)

ForeAthlete 45」は、「ForeAthlete 35」の新バージョンという位置付けですが、実質は3桁番台の機種に近い機能を持ちます。そして35と値段にそれほど差がないので、45を購入する方が良いでしょう。

ランニングでは、走りに負担が掛からないスマートウォッチを身に着けたいです。そのため、本格的な競技に出場するという場合でなければ、「ForeAthlete 45」が一番良いのではないでしょうか。

最初はライフログも興味なかったのですが、ガーミンコネクトがあまりにも使い易い見やすいので、買ってからずっと着けていて、今や睡眠時間と心拍チェックが日課になってしまいました。
インターバルトレのタイム管理もスマホからすぐ登録出来るし、サブ3,5目指すレベルの私には十分過ぎる機能です。
これでこの価格ってすごい!

Amazon