ドローンが欲しい! ~ 購入前に検討してみる

2020年11月14日

出典:DJI 公式

ドローンが欲しい!。前々から考えてはいますが、まだ購入には至っていません。いずれはラズベリーパイで制御する自作を考えていますが、それはずっと先のことになりそうです。

私が欲しいドローンの条件は以下のようなものです。

  • 屋外でも利用できること
  • 航空法の適用外になるトイドローンであること
  • GPSを搭載してプログラム飛行ができること
  • 映像が滑らかであること。ジンバルは高いけれど付いて欲しい
  • できればワンボードパソコンを載せてフライトコントローラーを制御できること

ドローンには、屋外の空中映像を期待しています。また、本格的なドローンのような航空法に準拠しなければならない機体だと、飛行許可の申請が必要な場合が多くなるので、トイドローンと呼ばれる200g以下の重量の機体が望ましいです。

航空法について ※外部サイトへ移動します

しかし、トイドローンでは、飛行能力に限界があるため、風の影響も大きいですし、飛行時間も限定されます。トイドローンで屋外でも使用できそうな機種を探してみました。

GPS付き2万円前後のドローン

2万円近くのドローンになると、GPSも付いてカメラもそこそこ高性能です。しかし、やっぱり動画が滑らかでなくて不満が残ります。これは、カメラ自体の動画撮影能力ではなく、ジンバルなどによるブレ補正がない、もしくは不十分なせいで、動画が見づらくなっています。

いろいろな製品の動画を見てみましたが、満足できるものがありませんでした。しかし近い将来に、高性能なジンバルを搭載したドローンが登場しそうです。それは、1万円でGPSを載せたドローンが発売されるようになっていることからも期待できます。

DJI MINI 2

created by Rinker
DJI
¥59,400 (2021/10/28 11:33:26時点 Amazon調べ-詳細)

5万円前後の出費になりますが、DJI社の200gを切るドローン「DJI MINI 2」が、自分の求める水準を満たしていました。これだけ小さな機体ですが、3軸ジンバルが搭載されて、4Kの滑らかな動画を撮影できます。やっぱり、圧倒的なドローンシェアを持つDJI社の製品に間違いはありません。

屋外の使用例も多くありますが、風の影響は少なからずありそうです。それは200g以下の機体の宿命であり、使用には注意が必要です。

まずはドローンに慣れてみるか?

aztecaさんによる写真ACからの写真

私的には、「DJI MINI 2」よりも安いドローンを購入しても、要求に達しないため無駄となりそうです。しかし、「DJI MINI 2」は、DJI社のドローンとしては格安ですが、5万円を超える出費が必要です。その高価なドローンが、操縦ミスで壊れたり、回収できなくなったらショックは結構大きいです。

そのため、廉価なドローンで操縦スキルを磨いておくのも良い方法ではないかと思います。ドローンがどのようなものかを知ってから、「DJI MINI 2」レベルのドローンを購入しようかと考えています。

みなさんも、ドローンの世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか。