旅の思い出を写真に残そう ~ 高級コンデジのご紹介

2020年8月29日


近年は大型連休が増えてきて、国内、海外を問わず旅行に出掛ける機会が多くなりました。そして思い出を写真に残す人も多いと思いますが、せっかくなら良い写真で残したいものです。

その写真ですが、今はスマートフォンで写真を撮る人が多いのですけど、確かにスマートフォンのカメラでも十分に写せるようになりました。さらに複数眼の撮像素子を持つスマートフォンであれば、通常のコンデジを凌駕する性能を持つようになっています。

しかし、レンズのクオリティや写真を撮るために最適化されたボディを持つコンデジは、数値化できない良さがあります。そして、撮像素子が大きい高級コンデジを使えば、デジタル一眼並みの画質で写真が撮れます。

そこで今回は、おすすめの高級コンデジを紹介します。旅の思い出を残すために、ぜひ検討してみてください。

SONY Cyber-shot RX100 III


出典:SONY(ソニー) 公式

カメラを持ち歩く負担をできるだけ軽くしたい場合は、SONYのRX100シリーズが良いでしょう。RX100シリーズは、一般的なコンデジのサイズながら1インチの撮像素子で優れた画質の写真が撮れる機種であり、高級コンデジのジャンルを開拓しました。

そのRX-100シリーズは、初代のRX100から最新のRX100VIまで新品で手に入ります(投稿時点)。最新機種は10万円を超えるので、コストパフォーマンスを考慮してRX100IIIが一番良いと思います。RX100IIIからはEVFが付いていて、動画機能を除けば最新機種とそう変わりがないからです。

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥61,570 (2021/06/18 03:36:19時点 Amazon調べ-詳細)

一眼レフを愛用してましたが、やはりかさばる。
サッと取り出してサッと取りたい。しかも良い画像を。
そのニーズにはまりました。夜でも明るく写るところや端部が歪まないところもお気に入り。
電池持ちも良くメインカメラとして活躍しています。      

Amazon

旅行先で、撮りたい時にさっと取り出してさっと撮れます。普段も持ち歩けば、不意に遭遇したシャッターチャンスをも逃すことはありません。常にRX100IIIを鞄に入れておいてはいかがでしょうか。

FUJIFILM X100F

出典:富士フィルム公式

FUJIFIRM X100Fは、鞄の中ではなく、外に出して持ち歩きたいカメラです。それは、外観が美しいからであり、服装の一部として十分に映えるからです。クラシックで高級感のある外観は、誰もの目を惹きつけるでしょう。

また外観だけでなく、性能も抜群です。撮像素子はAPS-Cサイズで、デジタル一眼カメラ並みです。そして一番の特徴が、ハイブリッドビューファインダーです。これは光学ビューファインダー(OVF)と電子ビューファインダー(EVF)を切り替えて使うことができる優れたものです。

私はOVF派なので、非常に興味をそそられます。またOVFの状態でも画面右下にEVFの小窓が表示されるので、実際に撮れる絵を確認できます。OVFとEVFのいいとこ取りなのがFUJIFIRM X100Fの最大の特徴です。

created by Rinker
富士フイルム
¥106,600 (2021/06/18 03:36:19時点 Amazon調べ-詳細)

特にx100fは、このザ・カメラという外観とシッカリとした重みが決め手だった。親父もなかなか感動していた様子。画質や機能も重要だが、モノとして愛せるデザインも重要な要素の一つなんだなと改めて実感。特にプレゼントには。

Amazon

ちょっとお値段が張りますが、一生物として使えるので奮発してみてはいかがでしょうか。

※新機種の「X100V」が出ています。以下の記事を参考にしてください。

FUJIFILM X100V ~ ハイブリッドビューファインダー機が進化

Canon PowerShot G1 X Mark III

出典:キヤノン(Canon)公式

PowerShot G1 X Mark IIIは、レンズ交換がないミラーレス一眼カメラといった位置付けのカメラです。撮像素子はAPS-Cサイズで、EVFは236万画素と、ミラーレス一眼カメラ並みの性能を持っています。

EVFの良いところは、撮影前に撮れる絵を確認できるだけではありません。ピントを合わせたい部分の拡大表示もできます。ピントをマニュアルで合わせたい時って度々あります。AFポイントでの指定では、微妙なピントを合わせられないからです。そのような時にEVFでマニュアルでピントを合わせれば、意図した写真が撮れます。

EOS kiss Mとどちらが良いかは、使用するスタイルで選ぶと良いでしょう。PowerShot G1 X Mark IIIは、メンテナンスやレンズ交換の手間を考えたくない人におすすめです。カメラに詳しいわけではないけど、デジタル一眼並みの写真が撮りたい人に最適でしょう。

コンパクトデジカメでありながら操作系が充実しており、親指AFなどの一眼レフに準じた撮影スタイルにもある程度対応してくれます。ダイヤルもレンズ・背面・正面の計3つ備えているため、シャッタースピード・絞り・ISO感度などを割り当てることで、それなりに機動力の高いマニュアル撮影も可能です。

Amazon

旅の思い出の感動を正しく写真に残そう

今回は高級デジカメを紹介しました。紹介した製品を使えば、旅の思い出を優れた画質で写真に残せるでしょう。

確かに10万を超えるような高級スマートフォンのカメラも大幅な進化を遂げています。しかし、スマートフォンと言う物理的な形態の制約から、今までのカメラの構成では良い画質の写真が撮れません。

そのためスマートフォンは、複数の撮像素子やセンサーを使って、一枚の写真を合成します(※)。その方法は様々ですが、程度の差があれ、ソフトウェアによる合成が行われます。合成ということは、どこまで本当なの?という疑問も生じます。

※1つの撮像素子からのデータをAIを駆使して合成する場合もあります

デジタルカメラも撮像素子からのデータを画像処理エンジンで合成するのですが、スマートフォンよりはオリジナルを尊重しています。デジタルカメラとスマートフォンのどちらで写真を撮るかは、それぞれ考えてみてください。私は、これからもデジタルカメラを使っていきます。