カメラ

ソニー α6100 ~ 新しいミラーレス一眼カメラのスタンダード

投稿日:2019年9月4日 更新日:

出典:SONY 公式

ソニー(SONY)のAPS-Cミラーレス一眼カメラであるα6000系に、新しく2機種が登場しました。

α6100は、ベストセラー機α6000に代わるスタンダード機として登場しました。またα6600は、α6000系の最高峰として、フルサイズ並みの機能を持って登場です。

αスタートアップ ウインターキャンペーン開催

2019年10月25日~2020年1月13日まで、キャッシュバックキャンペーンが行われます。詳しくは以下のリンクで確認してください。

αスタートアップ ウインターキャンペーン

スペックで比較する

α6000、α6100、α6600の3機種をスペックで比較します。個人的に気になる仕様をピックアップしているので、すべての仕様ではありません。

α6000 α6100 α6600
有効画素数 2,420 万 2,420 万 2,420 万
AF 測距点 179 425 425
リアルタイム瞳AF
EVF 144 万 144 万 235 万
液晶モニター 144 万 235 万 235 万
電子水準器
ボディ内手振れ補正
動画 4K30p 4K30p
アンチダスト機能
リアルタイムトラッキング
バッテリー W W Z
防塵・防滴

α6100は、α6000に対して大きく機能アップしています。α6000の発売が2014年ですから当たり前ですが、去年発売のα6400に対しても、ほぼ同じ機能を持ちますし、一部の機能は優れています。

α6600と比べると仕様の差が歴然としますが、販売の中心になる機種ですから高価になっては仕方がありません。

出典:SONY 公式

しかし、2点ほど気になる点があります。まず、EVFの画素数ですが、144万画素は少ないのではないでしょうか。おそらくライバルになる「EOS kiss M」が200万画素を超えるEVFを備えているのですから、α6600と同じく235万画素にして欲しかったです。

そして、α6000にもあったアンチダスト機能が省略されています。スタンダード機ということで、レンズ交換は少ないと踏んだのでしょうか。スタンダード機でもレンズ資産を多く持つ人は多いと思います。何か理由があるかもしれません。わかり次第反映します。

α6100はこれからのスタンダード機

α6100は、α6000に代わってこれからの売れ筋となるでしょう。特にAF機能に関しては、上位機種とそん色がなく、他のメーカーのスタンダード機より一歩進んでいる感じです。価格がこなれてくれば、EOS kiss Mと首位争いをするのではないでしょうか。

以前に紹介したα6400も価格がこなれてきました。ファームウェアをアップデートすれば、ほぼα6100と同等の機能になりますし、EVFが235万画素でアンチダスト機能付きなので不満点も解消されます。財布と相談して、気に入った方を購入すると良いでしょう。

-カメラ
-, , , , , ,

執筆者:

関連記事

EOS M200 ~ いつも持ち歩きたいミラーレス一眼カメラ

出典:キヤノン 公式 キヤノン(Canon)から、入門用ミラーレス一眼カメラ「EOS M200」が登場しました。EOS M-200は、同じく入門用の「EOS kiss M」よりも省略化を図った入門機で …

FUJIFILM X-Pro3 ~ フィルムカメラを使っていた人は注目!

出典:富士フィルム 公式 富士フィルム(FUJIFIRM)は堅実なデジタルカメラを作り続けていますが、最近発表したミラーレス一眼カメラの「X-Pro3」は、外見だけでなく、以前のフィルム式カメラを思い …

OM-D E-M10 Mark III ~ コスパ最強クラスのミラーレス一眼カメラ

出典:オリンパス 公式 この記事を書いているのは2020年6月ですが、ミラーレス一眼カメラの売り上げに少し異変が起きています。それは、オリンパスのカメラが上位を占めることが多くなっていることです。今ま …

FUJIFILM X100V ~ ハイブリッドビューファインダー機が進化

出典:FUJIFILM 公式 コンデジで最後の砦となっている高級コンデジ分野ですが、ここで富士フィルム(FUJIFIRM)の高級コンデジ「X-100」の最新型が発表されました。最新機種「FUJIFIL …

Xiaomi Mi Note 10 ~ 1億800万画素カメラの衝撃

出典:Xiaomi公式 世界第四位のスマートフォンメーカー「Xiaomi」が日本に上陸しました。そして、驚異的なハイコストパフォーマンスを誇る「Xiaomi Mi Note 10」が発売されました。「 …

kunimiyasoftオフィシャル
地図アプリの話題を中心としたサイトでラズベリーパイに関しても充実しています。