カメラ

オリンパス ペン E-PL8 / E-PL9 ~ 目立たないけれど売れてるミラーレス一眼

投稿日:2019年9月9日 更新日:

ミラーレス一眼カメラの話題が多い今日ですが、売り上げランキングを見ると話題とは違った顔ぶれが上位に入っています。特に、「オリンパス ペン」は、地味ながらトップ10で常連の人気があるカメラです。その魅力について紹介します。

出典:オリンパス 公式

コンパクトでバランスの良い構成が優れている

「オリンパス ペン E-PL9」と、キヤノンの「EOS kiss M」を比較してみました。

OLYMPUS PEN E-PL9 Canon EOS kiss M
撮像素子 マイクロフォーサーズ
17.3 × 13.0 mm
APS-C
22.3×14.9mm
画素数 約1605万画素 約2410万画素
手ぶれ補正 3.5段
液晶モニター 3.0型 104万画素 3.0型 104万画素
EVF 236万画素
測距点 121点 143点
動画 4K 30p 4K 24p
サイズ 117(W) × 68(H) × 39(D)mm 116(W) × 88(H) × 58.7(D)mm
重さ 380 g (電池とカードを含む) 387 g

どちらも初心者に優しいミラーレス一眼カメラですが、特徴は少し異なります。コンパクトさでは、マイクロフォーサーズ規格のオリンパス ペンが優れています。撮像素子が小さいと、ボディーを小さくできます。また、レンズも小さくできるので、持ち運びの負担を軽減するならば「オリンパス ペン」が良いでしょう。

一方、APS-C規格の「EOS kiss M」は、撮像素子の面積が広く画素数も多いため、画質にアドバンテージがあります。そしてEVFも付くので、写りを優先するならば「EOS kiss M」の方が良いでしょう。

また、「オリンパス ペン」の方には、ボディ内手振れ補正があります。「EOS kiss M」はレンズの方で手振れ補正をする考え方ですが、やはり本体に手振れ補正機能があれば、手振れ補正のないレンズも補正できて便利です。

「EOS kiss M」の方が高価なので単純な比較はできませんが、持ち運びに負担のないカメラが欲しい時は「オリンパス ペン」を選び、画質を優先したい場合は「EOS kiss M」が良いでしょう。

オリンパス ペンはコストパフォーマンスが優れている


出典:オリンパス 公式

「オリンパス ペン」が売り上げ上位に入る一番の理由は、お求めやすい価格でしょう。実売で5万円前後で購入できる「オリンパス ペン」は、コストパフォーマンスがとても高いです。

確かに、スペックで「オリンパス ペン」を超えるミラーレス一眼カメラは多いですが、価格も一気に倍以上になるケースが多いです。「オリンパス ペン」の写真クオリティーで十分という人がカメラ購入者の大部分だと思うので、「オリンパス ペン」は売れているのでしょう。

E-PL8とE-PL9の違いは

サブカメラに購入。 単焦点をつけて気軽に使えるようにと選んだのですが、ホントにデザインは素晴らしいと思います。
値段がこなれた今がチャンスではないでしょうか。
写りに関してはレンズ次第なので言及は避けますが、良いレンズをつければ画質は文句なしでしょう。
スマホとはまったく違うキレイな写真が手軽に撮れますよ♪

Amazon

 

E-PL8とE-PL9の違いですが、基本的な写りではほぼ変わりありません。凝った撮影をしたいとか、条件の悪い時も良い写真を撮りたいという時は、E-PL9が良いでしょう。対してE-PL8は、レンズが付いて5万円を切る価格が魅力です(投稿時点)。この価格は、高級コンデジの一般的な価格の半分程度です。コストパフォーマンスを考えると、E-PL8はとてもお買い得です。

E-PL9の方が優れている点の主なものを列挙します。

  • Bluetoothに対応している
  • 4K動画が撮れる
  • 測距点が121点(E-PL8は81点)
  • 電子シャッターを装備
  • フラッシュが内蔵(E-PL8は外付けで付属)

なお、E-PL8では利用できる別売の外付けEVFが、E-PL9では使用できません。あまり重要ではないですが、人によっては大事なことかもしれませんので、注意書きとしておきます。

ブラウンを購入しました。液晶画面に映る画像が綺麗です。デザインが可愛いと思いました。あまりカメラに詳しくない私としては。画質も綺麗と感じました。社外品のケースなど、オプションパーツも販売されているので、パーツ選びも楽しいです。

Amazon

E-PL8はいずれ販売終了となると思うので、購入時期を良く考えてどちらかを選ぶと良いでしょう。

旅行に持ち歩きたいミラーレス一眼カメラです


acworksさんによる写真ACからの写真

外観がクラシック調でおしゃれな「オリンパス ペン」は、旅行に最適なカメラでしょう。キットレンズの焦点距離「14~42mm」は、フルサイズ換算で「28~84mm」になり、広角から中望遠までサポートして不便を感じることは少ないでしょう。そしてレンズ交換ができるのですから、固定焦点の広角寄りレンズを1本持って行けば、画質の良い写真も撮れるのではないでしょうか。

今のカメラは、一般の人が使う分には十分の機能を備えています。使わない機能を多く搭載する高価なカメラを購入するよりも、必要十分な「オリンパス ペン」を購入する方が良い場合も多いでしょう。自分に何が必要かを考えて、カメラを選びましょう。

-カメラ
-, , , ,

執筆者:

関連記事

SIGMA fp ~ 最小フルサイズミラーレス一眼カメラはアウトドアに最適?

出典:SIGMA 公式 交換レンズメーカーとして有名なシグマ(SIGMA)から、フルサイズのセンサーを持つ小型ミラーレス一眼カメラ「fp」が登場しました。いつもユニークな一眼カメラを発売するシグマです …

OM-D E-M5 Mark III 発表 ~ 登山向きカメラが進化!

オリンパス OM-D E-M5 MarkIII 12-45mm F4.0 PROキット ブラック E-M5MIII1245mmLKBLK created by Rinker オリンパス ¥1 …

EOS M200 ~ いつも持ち歩きたいミラーレス一眼カメラ

出典:キヤノン 公式 キヤノン(Canon)から、入門用ミラーレス一眼カメラ「EOS M200」が登場しました。EOS M-200は、同じく入門用の「EOS kiss M」よりも省略化を図った入門機で …

ソニー α6100 ~ 新しいミラーレス一眼カメラのスタンダード

出典:SONY 公式 ソニー(SONY)のAPS-Cミラーレス一眼カメラであるα6000系に、新しく2機種が登場しました。 α6100は、ベストセラー機α6000に代わるスタンダード機として登場しまし …

EOS RP登場 ~ 軽量でコンパクトなフルサイズミラーレス一眼カメラ

  出典:キヤノン公式 キヤノン(Canon)から、2台目のフルサイズミラーレス一眼カメラが登場しました。それがEOS RPで、フルサイズ中級機として登場したEOS Rよりもさらに安いフルサ …

kunimiyasoftオフィシャル
地図アプリの話題を中心としたサイトでラズベリーパイに関しても充実しています。