Panasonic LUMIX GX7 Mark III ~ ファインダーがチルト式のミラーレス一眼カメラ

2020年9月20日


出典:Panasonic 公式

以前、「オリンパスペン F」がデザインで一番好きという記事を書きましたが、入手困難になりつつあります。そこで他の候補として、Panasonic(パナソニック)の「LUMIX GX7 Mark III」を挙げたいと思います。

LUMIX GX7 Mark III」もクラシックが基調ですが、現代的な洗練された部分もあります。それでは、詳しくみてみましょう。

仕様について

 

撮像素子 マイクロフォーサーズ
有効画素数 2,030万画素
測距点 49点  瞳認識あり
ISO感度 最大25600
シャッタースピード 1/4,000秒
EVF 約276万ドット
液晶モニター 3インチ 約124万ドット
動画 MP4 4K/30p
手ブレ補正 5軸補正 / 4段

スペック的には、ミラーレス一眼カメラとして標準的です。値段を考えると何か突出した機能が欲しいですが、手ブレ補正も付いていて無難にまとまっていると思います。

しかし今回取り上げたのは、これから紹介する2つの点が気に入ったからです。

ファインダーがチルト式で便利


出典:Panasonic 公式

液晶モニターがチルド式やバリアングル式である機種は多いですが、ファインダーがチルト式である機種は少ないです。

私も高齢者の範疇に入り、液晶パネルのタッチが苦手になりました。タッチするつもりがないのに反応しまったり、間違って違う場所をタッチしてしまったりと、老眼の影響が少なからずあります。

そのため、写真撮影はファインダーを使いたいです。しかし、ファインダーでは撮影する体勢で苦しい時があります、そういう場合は可動式の液晶パネルを使いますが、前述の問題が発生します。そこでファインダーもチルト式であれば、苦しい体勢を取らずに撮影できて便利なのです。

 LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7セットがおすすめ!

出典:Panasonic 公式

LUMIX GX7 Mark III」にはレンズキットが用意されていますが、特に「LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7」セットがおすすめです。

LEICA DG SUMMILUX 15mm/F1.7」は固定焦点ですが、15mmの焦点距離はフルサイズでは30mmに該当して、望遠を除くあらゆる撮影に適応できます。それにライカのレンズですし、F1.7の明るさがあるので、撮影条件にも困ることなく快適に写真を撮れるでしょう。

街歩きや旅先で使いたいカメラです

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥71,999 (2021/09/28 00:57:52時点 Amazon調べ-詳細)

チルト式ファインダー + アイカップは、子どもを連れての外遊びを撮影するにはとても便利です!
晴天の明るい中では、液晶だけではよく見えません。
ローポジションから撮りたい時には、チルト式ファインダーは楽です。

Amazon

LUMIX GX7 Mark III」は、マイクロフォーサーズ機であることからコンパクトで持ち歩きしやすく、日ごろのスナップ写真や旅先で使うと便利なカメラでしょう。そして、私のようにデザインが気に入ったり、ファインダーのチルト機構や、ライカレンズに興味のある人におすすめです。

Panasonicもフルサイズのデジタル一眼カメラを出してきましたが、マイクロフォーサーズ機にも優れた機種が多くあるので、検討してみてはいかがでしょうか。