SUUNTO 7 ~ Wear OS by Google を搭載したスマートウォッチ

2021年4月9日

出典:SUUNTO(スント) 公式

昔、登山に使う高度計付き腕時計と言えば、CASIOのプロトレックか、SUUNTOの腕時計でした。プロトレックの方はG-SHOCKのようなゴツさが魅力でしたが、SUUNTOの方はおしゃれで魅力がありました。そのSUUNTOから、「Wear OS by Google」に対応したスマートウォッチが発売されました。やはりおしゃれで、「PROTREK Smart」と違った魅力のある製品です。

主な機能

気になる機能を挙げてみます。

  • 等高線付きのオフラインマップが付く(全世界対応)
  • 高度はGPSと気圧センサーのハイブリッド
  • 心拍数計が付く
  • 50m防水
  • スマートウォッチとして24時間、GPS使用時で12時間のバッテリー駆動が可能
  • 70gの軽量ボディー
  • 70種以上のスポーツモードを用意

スマートウォッチとしての必要な機能は一通り揃っています。一つ気になるのはGPS使用時のバッテリー持続時間で、12時間と少し短いです。別機種で独自OSの「SUUNTO 5 / 9」は20時間以上の持続時間がありますから、OSの重さが持続時間に影響しているかもしれません。

「Wear OS by Google」だけどYAMAPアプリは使える?

出典:SUUNTO公式

SUUNTO 7」は「Wear OS by Google」を搭載していますから、登山アプリ「YAMAP」を使いたいところです。しかし、今のところYAMAPアプリの動作が保証されているスマートウォッチは「PROTREK Smart」のみのようです。

Wear端末について ※外部サイトへ移動します

ここは、ぜひYAMAPに対応してもらいたいです。

ヤマレコのWear OS ウォッチ版は使える

YAMAPと同様の山関連サービス「ヤマレコ」では、Wear OSアプリケーションでProTrek以外のスマートウォッチをサポートしています。

ProTrek以外のスマートウォッチが良い人は、こちらを使いましょう。

アウトドアでもおしゃれな時計を使いたい時には「SUUNTO 7」がおすすめ!

Wear OS by Google」を搭載した「PROTREK Smart」はアウトドアシーンに合ったデザインで、日常で使うには少し浮いてしまう感じがします。しかし「SUUNTO 7」であれば、ビジネスシーンで使用しても違和感なく使えるでしょう。

バッテリーの持続時間というスマートウォッチの宿命からは逃れられませんが、運用を工夫して活用してみてはいかがでしょうか。