Xiaomi Mi Smart Band 4 ~ 心拍数を手軽に測りたい場合に最適!

2020年12月22日


出典:Xiaomi日本

体を動かした時もそうですが、平常時の心拍数を把握することは大事です。もし体を動かしている時に心拍数が心疾患を起こす危険数を継続していたり、安静時にも関わらず心拍数が100を超えていたり(昔の自分がそうだった)すると、突然倒れてしまうかもしれません。

そこで心拍数を測ることになりますが、今ならスマートウォッチが適しています。しかしスマートウォッチは高価なものが多いし、身に着けた時の重さや大きさの負担を感じる場合もあります。

そう感じる人におすすめなのが、ブレスレット型のスマートウォッチです。これらは軽量で小型なため、付けていることを忘れるほどです。そして、5,000円以下の製品も豊富に揃っています。けれども、信頼性に不安を感じる人も多いでしょう。

そこで、「Xiaomi(シャオミ)」のブレスレット型スマートウォッチならどうでしょうか。世界有数のスマートフォン出荷台数を誇るXiaomiの製品ですから、信頼性が高いです。そしてXiaomiならではの低価格を実現しています。そのXiaomiの「Xiaomi Mi Smart Band 4」は、最新型のスマートウォッチです(投稿時点)。

仕様について

主な仕様を挙げてみます。

  • フルカラーAMOLEDタッチディスプレイ
  • 24時間心拍数モニタリング
  • 「3軸加速度計」「3軸ジャイロスコープ」を搭載
  • 「Mi Fit アプリ」で計測データの管理
  • リストバンドバイブレーションによる通知
  • 着信通知、メッセージ、再生中の曲名などの表示
  • 心拍数から睡眠のモニタリング

これらの機能は、他のブレスレット型スマートウォッチでも備えられている機能です。しかしXiaomiの製品であることから、信頼性に期待を持てます。

とにかくバッテリーが長持ちします。
また、AMOLEDディスプレイのおかげか、とても視認性が良いです。
センサーが傾きを正確に検知してくれるため、表示確認のために、腕を何度も振るような謎の行動をしなくて済みます。
タッチパネルの精度も素晴らしく、タップやスワイプも素直に動作します。
タッチパネルで音量調整が出来るので、音量操作が出来ないBTイヤホンで音楽を聴く時にとても便利です。
連動するアプリ(Mi Fit)もxiaomiらしく、優秀です。

Amazon

心拍数計測を日常化させよう!

血圧計でも心拍数を一緒に測れますが、24時間のうちの一瞬の数値に過ぎません。やはり心機能の把握のためにも、定期的に24時間の心拍数を測ってみることが大事でしょう。

そして「Xiaomi Mi Smart Band 4」は、価格が5千円を大きく下回っています。apple watchやWear OSのスマートウォッチの購入をためらっている人は、「Xiaomi Mi Smart Band 4」で試してみてはいかがでしょうか。

Mi Band 5が出ました

ディスプレイが大きくなって進化した「Mi Band 5」が出ています。特に、磁気充電になったことで、端子をマグネット接続するだけで済むようになりました。値段も4並みになってきたので、5を購入する方良いでしょう。