OM-D E-M5 Mark III 発表 ~ 登山向きカメラが進化!

2020年10月26日

出典:オリンパス(OLYMPUS) 公式

防水・防塵で寒さにも強いことでアウトドア用途に人気の「OM-D E-M5」に、新型「OM-D E-M5 Mark III」が発表されました。全体的にスペックが向上して従来の良い所が継承されています。

スペックの向上

OM-D E-M5 Mark II」と「OM-D E-M5 Mark III」を比較してみました。

 OM-D E-M5 Mark IIIOM-D E-M5 Mark II
画素数約2037万画素約1605万画素
手ぶれ補正5.5段5段
EVF236万ドット アイポイント約27mm236万ドット アイポイント約21mm
液晶モニター3.0型 104万画素3.0型 104万画素
フォーカス121点(クロスタイプ位相差AF)81エリア/オールターゲット
瞳AF
ハイレゾショット50M画素相当40M画素相当
動画C4K 24p / 4K 30pFHD 60p
サイズ125.3(W) × 85.2(H) × 49.7(D)mm123.7(W) × 85(H) × 44.5(D)mm
重さ414 g (電池とカードを含む)469 g (電池とカードを含む)

このように、全体的にスペックが向上しています。また、サイズがちょっとだけ大きくなりましたが、重量は軽量化が図られており、実質的には持ち歩きやすくなったと言えるでしょう。

最近のミラーレス一眼カメラと比べて特に際立って優れているという機能はありませんが、アウトドアの現場での扱い易さが「OM-D E-M5 Mark III」の最大の特徴です。防塵・防滴で寒さに強いところは、悪条件での撮影に心強いでしょう。

ボタンやダイヤルの見直しが図られている

出典:オリンパス公式

外見がほとんど変わりないように見える「OM-D E-M5 Mark III」ですが、よく見ると変更点があります。

1番大きな変更点は、モードダイヤルが正面左側に移動していることです。他にも使いやすさを考慮して、ボタン配置が変更されています。写真を撮る時の操作性は大事です。ファインダーを覗きながら操作できなければ、いったんファインダーから目を離さなければなりません。カメラ専用機は、スペックだけでなく操作性も重要です。

高山植物を写すのにおすすめのマクロレンズ

created by Rinker
オリンパス
¥47,113 (2021/09/28 07:57:27時点 Amazon調べ-詳細)

OM-D E-M5 Mark III」で高山植物の写真を写すのに使いたいマクロレンズです。防塵・防滴で重量が185gと軽量なので、「OM-D E-M5 Mark III」との相性が良いです。

重いフルサイズでの撮影に苦痛を感じているなら、フォーサーズで軽量化を図ってはいかがでしょうか。

キャッシュバックもあるけど、当初は高めで推移しそう

created by Rinker
オリンパス
¥121,590 (2021/09/28 10:09:46時点 Amazon調べ-詳細)

12-40proレンズとの組み合わせでもボディーがあまりに軽いのでレンズの重みを感じなくなっているのに衝撃。
これならどこへでも持っていけそうです。なるほど少しフロントヘビーにはなるが携帯性は間違いなく上がっているわけだ。

Amazon

キャッシュバックが設定されている「OM-D E-M5 Mark III」ですが、発売当初は高めで推移しそうです。もう少し価格が落ち着くのを待つか、在庫のある内に「Mark II」を購入するというのも良いでしょう。

いずれにせよ、「OM-D E-M5 Mark III」がアウトドアで使いやすいカメラであることには違いありません。重いカメラを負担に感じている方は、検討してみてはいかがでしょうか。

「OM-D E-M5 Mark III・E-M10 Mark III キャンペーン」

2020年は、以下のキャンペーンをやっています。これはほんとにお得です。

キャンペーン対象製品購入期間:2020年6月19日(金)~2020年9月30日(水)
応募期間:2020年6月19日(金)午前11:00~2020年10月14日(水)午前11:00 ※当日消印有効
WEB応募手続き締切:2020年10月14日(水)午前11:00

オリンパス 公式