カメラ

OLYMPUS OM-D E-M10 Mark IV ~ ベストセラー機の最新機種!

投稿日:2020年9月18日 更新日:

出典:オリンパス 公式

2020年度でミラーレス一眼カメラ売り上げトップを争っている「OLYMPUS OM-D E-M10」ですが、9月18日に最新機種である「OLYMPUS OM-D E-M10 Mark IV」が発売されます。

既に入門機として必要十分な機能を持つ「OLYMPUS OM-D E-M10」ですが、何が変わったのでしょうか?

スペック

Mark III」と「Mark IV」を比較してみます。

E-M10 Mark III E-M10 Mark IV
撮像素子 マイクロフォーサーズ
17.3 × 13.0 mm
マイクロフォーサーズ
17.4 × 13.0 mm
画素数 約 1605万画素 約2030万画素
手ぶれ補正 4.0段 4.5段
液晶モニター 3.0型 104万画素 3.0型 104万画素
EVF 236万ドット 236万ドット
測距点 121点 コントラストAF 121点 コントラストAF
動画 4K 30p 4K 30p
ISO 6400 25600まで変更可 6400 25600まで変更可
サイズ 121.5(W) × 83.6(H) × 49.5 (D)mm 121.7(W) × 84.6(H) × 49.0 (D)mm
重さ 410 g (電池とカードを含む) 383 g (電池とカードを含む)

大きく変わったのは画素数ですが、撮像素子の大きさは変わりませんから大きな差とはならないでしょう。地味に手振れ補正4.5段になったところがうれしいですね。重量が軽くなってますから、手振れ補正が強化された点は良いことです。

しかし、現時点で「Mark III」のダブルズームキットが5万円強という値段で売られていますから、初心者でそれほどスペックにこだわりがなく、初めてのEVF付きミラーレス一眼カメラを購入するという方には「Mark III」を購入した方が良いと思います。

「Mark III」の記事:OM-D E-M10 Mark III ~ コスパ最強のミラーレス一眼カメラ

それでも、新機種にこだわる場合もあるでしょうし、一眼カメラにある程度慣れていて、「OLYMPUS OM-D E-M10」をサブ機で使いたいという人には「Mark IV」の方が合っているかもしれません。よく考えて選びましょう。

売却後もOM-Dは進化して欲しい

オリンパス本体からカメラ事業は売却されますが、新しく活動する場所でもカメラの進化を進めて欲しいです。

OLYMPUS OM-D E-M10」は、EVFが付き、キットレンズ2本が付いても格安であることから、売り上げのトップクラスに君臨しています。そのようなトップクラスの売り上げがあっても事業として厳しい現実がありますが、製品の良さは折り紙付きですので購入を検討されてはいかがでしょうか。

-カメラ
-, , , , ,

執筆者:

関連記事

Canon EOS R5 ~ キヤノンの逆襲なるか?

ミラーレス一眼カメラが人気の中心になって、カメラメーカーの王者、キヤノン(Canon)の足元が揺らいでいます。APS-C機の「EOS kiss M」は好調ですが、満を持して出したフルサイズ機「EOS …

Canon EOS R5 R6が登場 ~ 鳥の瞳AFに対応しました

出典:キヤノン 公式 ついに、キヤノンからミラーレス一眼カメラの最新機種「EOS R5」と「EOS R6」が登場しました。EOS R5に関しては、予告ページなどで情報が伝わっていましたが、EOS R6 …

FUJIFILM X-Pro3 ~ フィルムカメラを使っていた人は注目!

出典:富士フィルム 公式 富士フィルム(FUJIFIRM)は堅実なデジタルカメラを作り続けていますが、最近発表したミラーレス一眼カメラの「X-Pro3」は、外見だけでなく、以前のフィルム式カメラを思い …

ソニー α6100 ~ 新しいミラーレス一眼カメラのスタンダード

出典:SONY 公式 ソニー(SONY)のAPS-Cミラーレス一眼カメラであるα6000系に、新しく2機種が登場しました。 α6100は、ベストセラー機α6000に代わるスタンダード機として登場しまし …

Nikon Z50 ~ ワンランク上の入門用ミラーレス一眼カメラ

出典:Nikon 公式 好評を得ているミラーレス一眼カメラの「Z6、Z7」ですが、価格から言ってハイアマチュアやプロを対象としているため、販売台数が稼げる製品ではありません。 そこで、満を持して「Z …

kunimiyasoftオフィシャル
地図アプリの話題を中心としたサイトでラズベリーパイに関しても充実しています。