やっぱりタブレットは便利 ~ 10インチがおすすめ!

2020年6月10日

photoBさんによる写真ACからの写真

スマートフォンの画面と解像度が大きくなり、タブレットの必要性が低下しましたが、10インチのタブレットを使用すると、物理画面の大きいことによる使いやすさを実感します。

またノートブックだと、場所によって利用しにくいことがありますが、タブレットであれば作業面積や電源の問題もなく、制約されることが少ないです。やっぱりタブレットを一つ持っていると、助かる場面があるものです。

そこで今回は、代表的な10インチタブレットを紹介します。

Apple iPad (無印)

iPadには4つの製品体系があります。それぞれ、iPad Pro、iPad Air、iPad(無印)、iPad miniです。今回紹介するのは、iPadの無印です。あくまでもベーシックとしての製品ですが、ウェブサイトの閲覧であれば問題のない性能を持っています。

他のiPad製品が得意な分野に関しては、パソコンもしくはスマートフォンでも代用できるので、今回は無印を押しています。最新のアーキテクチャでないところもありますが、価格も安めでコストパフォーマンスに優れています。

パソコン持たず、ラップトップみたいにって考えてる人はPro、写真閲覧等を重要視している人はAirかProで、パソコンに詳しくなく、iPad使ってみたいなって思ってる人や、Webブラウジング等だけの用途ならこのiPadで決まりでしょう。

Amazon

Dragon Touch 10.1インチ タブレット

Androidタブレットは、いろいろなメーカーが作っているで、選択枝が広いです。しかし、価格の安い製品を使用すると、しばらくは快適でも急に処理が重くなるという症状に遭遇したことがある人も多いでしょう。

そのため、大手メーカーの製品を購入する方が無難でしたが、今はリーズナブルで処理速度にも満足できる製品が増えてきました。紹介の製品は、メーカー名こそ見慣れませんが、評価が高くて優れた製品です。

解像度が1280×800ドットですが、解像度よりも文字の大きさが見やすさに貢献することがわかると思います。GPS機能も付いているので、車載でカーナビとして使うのも良いでしょう。

他にも海外製の格安のタブレットを買ったことが有るのですが、
サクサク動かずストレスを感じておりましたが
この商品はサクサク機敏に動作してYouTubeなどの動画もストレスなく見ることができました。
説明書が日本語なのも助かりました。たまに英語やら中国語しかないものもあり
何を設定していいか分からない事もありませんでした。
スマホでは画面が小さくて見にくいものもこれくらい画面が大きければ
快適に見ることができます。

Amazon

マイクロソフト Surface Go

Windowsは大きな画面と解像度で使うことにより実力を発揮するOSなので、タブレットにはあまり向いていないと思います。

しかし仕事の場合、タブレットと言えどWindowsの方が便利な場面が多くあります。また、家で使うパソコンはタブレットで済ませたいという人もいらっしゃるでしょう。

Windowsタブレットには低価格の製品もありますが、やはり本家のマイクロソフト製の「Surface」がおすすめです。そのSurfaceには「Surface Pro」があって、デスクトップやノート並の性能がありますが、高価格です。そこで今回は10インチタブレットの紹介なので、廉価版の「Surface Go」を紹介します。

Surface Goは、Windows Home Sモードを搭載したベーシックなWindowsタブレットです。Windows Home Sモードは、Windowsストアのアプリケーションしか使えないなどの制約のあるWindowsですが、通常のWindowsへ戻すこともできます。昔ながらのオンラインソフトを使いたいという場合は、通常のWindowsにした方が良いでしょう。

複数のウインドウを表示させるには画面が狭いですが、1.1kgの重量は持ち運びに便利です。どこへでも持ち歩けて重宝するでしょう。

タブレットを有効活用しよう!

私は寝床や車の中でタブレットを良く使います。特に寝る前は、寝転んだ状態でもタブレットであれば手に持つ必要もなく、タッチもしやすくて便利です。

またテレワークの必要性から、パソコンがなくてもタブレットだけは用意しておくと良いでしょう。スマートフォンでは画面が小さすぎて、相手の画面にある文字などを確認できません。

みなさんも、タブレットを有効活用してみてはいかがでしょうか。