ポータブル電源 ~ 車中泊やキャンプでも大活躍です!

2021年4月7日

屋外でお湯を沸かしたり調理をしたい場合はガスストーブを良く使いますが、以下のような欠点があります。

  • 車内やテント内では、火事が心配
  • 車内やテント内が暑くなってしまう
  • 外で風が強いと効率が悪い
  • 使い終わったガス缶の処分が面倒
  • 車内やテント内では換気を十分にしないと危険

このように、特に狭い空間で火を使うのは危険です。そこで、脚光を浴びているのが、ポータブル電源卓上IHクッキングヒーターを使っての調理です。これらは電気で動くので、火事の心配が少ないです。確かにガスほど強い火力は期待できませんが、取り扱いの便利さから利用者が増えています。

1000Wの出力があるポータブル電源がおすすめ!

ポータブル電源の種類は豊富ですが、お湯を沸かしたり、調理をするとなると、大きな電力を供給できる製品がおすすめです。

そして、暖房器具ポータブルエアコンまで動作できるようなポータブル電源を購入した方が、使用範囲が広がって活躍します。そうなると、1000Wの電気機器が使えるポータブル電源が該当します。価格はちょっと値が張りますが、安い製品だと、いずれ不満になって買い替えになるので、思い切って1000Wの出力を持つ製品を購入すると良いでしょう。

また、出力が1000W以上の製品もありますが、価格が高いだけでなく、重くて持ち運びが大変です。その点からも、1000Wの出力があるポータブル電源がおすすめです。

それでは、おすすめの製品を紹介します。

Jackery ポータブル電源 1000 超大容量278400mAh/1002Wh

ポータブル電源で有名なメーカー「Jackery」の、出力が1000Wで大容量なポータブル電源です。出力ポートが豊富で、同時に8台の充電が可能です。

重量が10kgありますが、大きな取っ手が付き、バランス良く運べるので、それほど問題にはならないでしょう。

ほとんどの家電が使えます。100%充電後洗濯機をまわし、40型TVを10時間位見ていられました。冷蔵庫も使えますし、電子レンジも大丈夫です。我が家の炊飯器は1000W以上あるので、無理ですね。

Amazon

MaxPower ポータブル電源 PL1000J ver 2

スタイリッシュな大容量ポータブル電源です。ファンレス仕様なので、狭い室内でも気になりません。

LEDディスプレイの表示が豊富で、使っている機器の消費電力も確認できます。限られた電気容量の中では、機器の消費電力を確認して使うことが重要です。ポータブル電源を使用する時は、残量だけでなく、他の表示内容をしっかり確認しましょう。

なにがそれほど魅力的かといえばとにかく無音!超静音!

AC1000Wクラスで大容量の有名ポータブル電源は数多く販売されているがどれも空冷ファンがガンガン回るので車中泊でもキャンプでも、特に夜間はめちゃくちゃ気になります。
このバッテリーはファンレスのため超静か。 価格的にもこの容量で11〜12万円なら悪くない。 AC充電も100W前後で特に不満もない。

Amazon

キャリライク ポータブル電源 大容量 150000mA/540wh

1000Wの出力があるポータブル電源は高すぎるという人には、500W程度の出力がある製品が良いでしょう。500Wより少なくなると、使用できる電気機器の範囲が狭くなってしまいます。

500Wの出力があれば、卓上IHクッキングヒーターで中火力くらいは使えます。でも、自分の利用するスタイルをよく考えて、1000Wの容量が必要ないかを十分考えてから選んでください。

基本性能は知られているとおりですが、パススルー充電ができるのでこの本体を充電しながらさらにモバイルバッテリーやほかのポタ電をDC/AC接続してまとめて充電できる。

出力も500W強を継続して出力できるので、500WクラスのIHヒーターによる調理なども問題ない。

Amazon

卓上IHクッキングヒーターが安くて便利!

ポータブル電源での調理が脚光を浴びたのは、IHクッキングヒーター価格破壊が起きたからです。何しろ、一人用のIHクッキングヒーターは、5,000円以下で購入できるのです。山善さんやアイリス・オーヤマさんをはじめ、いろいろなメーカーから卓上IHクッキングヒーターが登場しています。

特に、火付け役の山善さんの製品は、安くておすすめです。出力も1000Wあって十分です。一人暮らしの人であれば、普段でも大活躍してくれることでしょう。

一家に一台はポータブル電源を用意しよう!

ポータブル電源は、災害時だけでなく、日常のあらゆる場面で活躍してくれるでしょう。以前は高価で手が出なかったポータブル電源ですが、年々安い製品が登場してきています。

一家に一台ポータブル電源を用意してはいかがでしょうか。

余談になりますが、ポータブル電源キャンピングカーでの使用レポートがとても多いです。youtubeでは、参考になる動画が多くあります。それらは、車中泊だけでなく日常用としても参考になりますから、ぜひご覧になってください。