吉野家 牛丼の具 ~ お得に吉野家の牛丼を楽しむ!

2021年11月26日

外国産食材の高騰が続き、吉野家の牛丼が並で426円になりました(2021年11月現在)。また、大盛だと600円を超えるので、牛丼も安い食べ物ではなくなりつつあります。

そういう私は、あまり牛丼を食べませんが、たまに吉野家の牛丼を食べたくなります。学生時代から食べてきた牛丼は、思い出深い食べ物として欠かすことができません。ただ、私のように、たまに食べるのなら良いですが、頻繁に食べる方は、今回の値上げが痛いのではないでしょうか。

そこで、具だけ購入して、家で牛丼を食べるのも良い方法だと思います。冷凍された具であれば、一食当たりの価格を抑えられますし、いつでもどこでも食べられます。

ブラックフライデー期間は格安です。一食当たり256円です。

あれ、あまり安くないと思われた方がいらっしゃるかもしれません。確かに通常はお買い得ではありません。購入は、タイムセールなどの特売日で購入すると良いでしょう。毎回、対象になるわけではありませんが、ぐっと安く購入できる時があります。この投稿をしたのも、特売を知ったからです。

家で作るときは、店にはないトッピングをすると良いでしょう。店よりもおいしい食べ方が見つかるかもしれません。

私の地元には松屋がありません。そのような時、このような具があると、味を楽しめます。私は札幌や東京に住んでいた時があるので、松屋に行ったことがないわけではありません。そのため、具で味を楽しめるのは有難いです。

私の地元には、すき屋が2軒あります。また、ネットを使わなくても、すき屋の牛丼の具は手に入ります。そのため、ネットで買うまでもないという感じですが、お住まいの場所によっては入手が困難な場合がありますから、ネットで注文も良いでしょう。

このように、冷凍食品のレベルが上がって、家でもお店の味が楽しめるようになりました。なかなか味わえない料理は、お取り寄せして家で楽しみましょう。